University

2020年以降の英国留学

@jg   COVID-19の影響により不要不急の外出が控えられ、在宅勤務をしている方やそもそも外出を控えている方が増えているためか、ロンドン地下鉄(Underground/Tube)はがらんどうであることも多いようです。 ただ早朝や夕方は従来の混み具合に近いくらいには混んでいるようで、それが感染源になっているのではないかという批判もありますが、どうしても公共交通機関に頼らなくてはならない方が多いロンドンでは画期的な解決策はなさそうです。 職場に出勤しなくては仕事ができない方も多いため、勤務時間をできる限りずらすことが目先の解決策でしょうか。   英国の大学は各校の判断により、University of Cambridge(ケンブリッジ大学)のように2021年夏まではオンラインで講義等を行うと発表した大学もあれば、9月末から12月末までのTerm(学期)は全てオンラインという大学も多くあります。 10月から大学キャンパスで講義等を開始する大学もありますので、この点は大学や在籍コースによるようです。   留学生は3月末以降、自国に帰国して最終学期のオンラインでの試験期間を過ごした…

英国の大学生は暇

@alvinmahmudov   英国の大学で学ぶ利点と欠点を記事にしましたが、5年以上の英国での学生生活を終え、フルタイムで就労している今思うのは、英国の大学生は暇ということです。   もちろん、大学の講義や課題、試験等、ストレスも多く、精神を病んでしまう学生が非常に多くいます。 しかし、大学でいい成績を残すことは大して評価されないのも事実。 好成績のみが就職への近道というわけではないのが悲しい現実です。   大学で好成績を収めることは当然。 それ以外に何をするかが大切です。 そのアドバイスは大学からは一切ありません。   自主的に行動できる大学生のみが就職できるのが英国社会です。 それができない方は大学に行く必要がないという世の中です。 全員が大学に行く必要がないのも英国の教育の特徴の一つです。 それと同時に、大学は就職準備期間ではありませんが、大学を卒業して学位を取得したのにその後の生活ができなくては困りますので、就職が自ずと目標となります。 日本のように3月の卒業後、4月に一斉集団就職という文化がないため、各大学・コースは卒業後6ヶ月の就職率の統計を発表しています。 通年…

英国の大学で学ぶ欠点

@jeremybishop   どんな物事にも共通しているのは利点があれば欠点もあるということ。   「英国の大学で学ぶ利点」の続きです。 以前の記事では、英国の大学で学ぶと打たれ強くなる、大学名を言うだけで高評価を得られる、世界が広がるの3つの利点を挙げましたが、今回は欠点に焦点を当てます。     ・学費が高額 留学生(International students)は英国・EUの学生(Home students)と比較すると非常に高額な授業料を支払います。 大学の貴重な収入源となるので、年々値上げされていくでしょう。 年間£10,000を切る大学学部コースもありますが、ファウンデーションコースから大学学部卒業まで最短で4年かかることを考慮すると、£40,000の学費が必要です。   大まかに£1 = ¥150で計算すると、年間150万円、4年間で600万円です。 日本の平均的な4年生私立大学の学費より高いですが、学費だけで見ると支援の条件が上手く揃えば不可能ではない額にも思えます。 学費が£20,000となると、4年間で£80,000となり、日本円で1,200万円なので…

英国の大学で学ぶ利点

@napr0tiv   英国に留学を決めたときから、常に目標は英国の大学を卒業することにありました。 もちろん大学を卒業するのが人生の最終目標ではありませんが、親の意向もあり、紆余曲折ありましたが、最終的には大学進学先が英国となりました。   英国の大学を卒業した身だからこそ語れる、英国の大学で学ぶ利点をSonthé独自の偏った目線で書きます。 あくまでもSonthéが通った大学の話なので英国の大学全てに通ずるわけではありませんが、共通点は多いはずです。   ・打たれ強くなる 英国の大学は講義(Lectures)を受けてから、少人数制のチュートリアル(Tutorials)で講義をしたLecturerやTeaching Assistantに講義の不明点や質問し理解を深めます。 全員が教授ではないのでProfessor等とは呼ばず、全員分け隔てなくFirst Nameで呼びます。 チュートリアルは発言をしないといけないルールで、順に当てられるのと、ペアや小グループでディスカッションをします。 発言を求められたときに正しい答えを言えなくても構わないのですが、物怖じしない性格が有利に働きます…

大学学部: 3学年終了

– 晴天が続くロンドンです   大学教員の年金大幅削減による長期ストライク等により非常に不満の多い3学年が終了しました。 後悔ではありませんが、色々と思うことの多い大学生活でした。 入学難易度は高いのかもしれませんが、過去の卒業生の満足度は低いようです。 どんな環境に身をおいても不満は出るものですが、学んだ内容以外の不満が数えきれないくらいある、改善点の多い大学生活でした。 個人的にも様々なことが人生であり、人生の友ができた等の利点ももちろんあります。 世界中へのコネクション作りという面ではこれ以上素晴らしい環境はないだろうと思います。 また、不満はあっても世界を率いる教員の元で学べる環境はなかなかないものです。 自分の経験した点だけで大学全体を評価することはできませんが、純粋な研究機関としての大学とビジネスを行う機関としての存在の両立が難しい現状を解決する方法はないのでしょうか。 とはいっても、今後も学び続けたいと思えるようになったということは、この3年間に価値があったということでしょうか。…